Amazing Blue Earth
■異国の旅
■世界遺産
■海の旅人
■光の旅
■永遠のオードリー
■プロフィール
■LINK
■日本の旅
■空の旅人
■道草
■津軽三味線,始めました!
●2009年7月 四国 : 高知県 桂浜町&黒潮町/ホエールウオッチング
uyuni
7月18日〜20日  【地図】 【旅行日程】
 高速料金1000円につられ、車で愛知から高地までニタリクジラを見に行く。今年はホエールウオッチングが人気らしく、桂浜の予約は一日だけ。初めて黒潮町まで足を伸ばす。が、遠乗りしただけの価値ある最高のウオッチングとなった。

7月17日 深夜
 23時頃三重に集合。途中、姫路で一人拾ってひたすら高知目指して車を走らせる。

7月18日 桂浜 8時便、13時便
 午前便、ニタリのいるポイントまでの途中、亀やらカジキを見つける。目的のポイント、魚礁にてニタリを一頭発見。他にはいないようだ。代りに漁船やらウオッチング船がやたら多い。黒潮はかなり早い。魚礁が走っているように見える。午後便も同じポイントに向かう。やはり一頭のみ。可もなく不可もない一日。
 今日は黒潮町に泊まり、明日、黒潮町での初ウオッチングに期待をかける。

午前と午後便
7月19日 黒潮 朝便      
 午前便出航。こちらもけっこうお客が多い。ウオッチングのポイントは港からさほど遠くない。しばし流していると遥か向こうでニタリクジラのブリーチングが見える。この後はニタリのパフォーマンスショウになった。ニタリがこれほどアクティブだとは思わなかった。最高のウオッチング!。同船していた6年間来ているという常連のお客が初めて見たといっている。どうやら運が良かったらしい!。連続してブリーチングしてくれるのでシャッターチャンスにも恵まれた。
 午後便は海が荒れていて欠航となる。足摺岬への観光に切り替えた。アイスクリンやら足摺7不思議など、まあ、暇つぶしだが。

朝便

足摺岬

7月20日 朝便
     
 少し雲行きが怪しい。とりあえず出航するがイルカを数頭見かけるのみ。しかし、海は荒れて来て、雷雨まで出くわす。船は揺れよったお客が続出。雨よけのシートも役に立たず、船のキャビンに避難。さんざんなウオッチングとなる。

7月20日 帰路
 午後は諦め、帰路につく。途中、道の駅にて鰹のたたきを味わう。ここは安くてうまい!。以後、必ずよる事にする。

 帰りは案の定神戸から大阪まで渋滞となる。三重県でも鈴鹿付近が渋滞との情報。しかし、23時頃には解消されていた。行きはよいよい帰りは渋滞!。高速代は安いがやはり疲れる。ドラゴンライナーはやはり楽だ。

帰路 道の駅による
 


以上