Amazing Blue Earth
■異国の旅
■世界遺産
■海の旅人
■光の旅
■永遠のオードリー
■プロフィール
■LINK
■日本の旅
■空の旅人
■道草
■津軽三味線,始めました!
●2010年10月 釧路沖 : 釧路//オルカウオッチング
uyuni
10月11日〜14日  【地図】 【旅行日程】

 この時期、釧路沖にてオルカが見えるとのこと。春のお世話になったさかまた組のSさんのガイドにて小型クルーザーで3日間、オルカを求めた!。どうも、北海道は春の時と同じように尻上がりに運が向いて来ているようだった。私の最終日は今年のウオッチングの最後の締めくくりとして最高となった。
 今回、釧路沖のオルカウオッチングは、この釧路沖にてオルカの調査を長年続けてくれた下記の方々の苦労の結晶があってのこと。この場にて改めて御礼を申し上げます。

    さかまた組、大阪コミュニケーションアート専門学校と福岡エココミュニケーション専門学校の調査活動の皆さん
      

10月10日 移動日  
 中部空港から釧路に飛び立つ。運良く、よくバードウオッチングに行く鍋田干拓の全景を見る事が出来た。こちらは晴天。しかし、千歳は雨、そこから釧路に向かう。釧路もやっぱり雨!。釧路行きのバスに乗り込む。空港を出てしばらくするとバスの運転手かr、タンチョウヅルが右に見えるとのアナウンス。幹線道路の脇の草原に3羽いた!。最後の移動日に見に行こうと思っていたのでこれはちょっと運があるのではと勝手に納得する。雨の中で窓越しなので写真は撮らなかったが、運転手曰く、”運がいい!”。今日の雨は、許しておこう!。
 夜、Mさんより電話連絡があり、明日は出航の決定。まずは一安心。夜は、釧路ラーメンとか食べる方に繰り出す予定だったが風邪気味なのですぐに寝てしまった。

10月11日 釧路沖オルカオッチング 初日  
 早朝、晴天!。青い空に青い海!。風はさほどでもない!。小型クルーザーも準備万端、今日の乗客も全員集合し、まずは、レクチャー。いよいよ意気込んで船に乗り込み出航!。ちょっと小型のため、波が荒いと結構揺れるかも。船は一路南下し、今後は東進!。何度もここでオルカ調査しているSさんの研究の成果を便りに進む。が、見えるは海鳥のみ!。
 結局、今日は慣らし運転といったところか一度だけ遥か彼方にイルカを見かけたのみ。それもSさんのみ。さすが!といえばさすが。この時点では春の知床の例もあり、まだ、それほどショックはなし。釧路港の夕日がきれいだったのでこれで良しとしよう!。でも、まだ風邪は薬頼みのため、今日も遊び回らずと寝る事にした。

出航前のレクチャー

オルカは空振り
10月12日 釧路沖オルカオッチング 二日目    
 今日は、昨日より早めに出航となった。天気は曇り、風はさほどなく波もおだやか。相変わらず現れるのは鳥のみ。やっと、海に何か背びれが見える。なんと、マンボウだった。南の魚だと思っていたがこんな北にいるとはちょっと以外だった。そのマンボウが幸運のメガにとなったのか、やっと、遠くにサカホコが見える。数頭のオスのオルカの群れ。他の家族は見当たらない。ガスが迫る中、しばし並走することができた。近くにも来てくれる時はあったが、それでもあまりこちらには関心を示さない。とうとう数百m先がガスの壁となった。今日はこれでおしまい。
 残り後一日!。ホテルの近くに神社!<」あったかな・・・、もう願掛けたいくらい。

やっと数頭のオルカ
 風邪もよくなってきたので、ラーメン好きとしては、やはり、これ、釧路ラーメンを試食しないわけにはいかない!。ということで、市内を歩き回った。元祖と呼ばれる店に入る。味は、スープは魚の出汁がかなりきいている。面は細い。昔の名古屋ラーメンに近いかも。何件か梯子したかったが、最近、食が細くなっていて何杯も食べられなくなっているのが悔しい。まあ、明日の夜に別の店にいくとしよう!。ホテルやら観光案内所に、ラーメンマップがあるので、それを見る事で我慢我慢!。最近、太り気味だし・・・
10月13日 釧路沖オルカオッチング 三日目  
 今日も早めに出航。同じ場所を目指す。天気は晴天。ちょっと波がある。しかし、出航してまだ岸の建物が見えるくらいのところで、オルカの群れに出会う!。子連れ、背びれに特徴のある3頭のオスのオルカ。その内の一頭はこの春、知床で見た背びれにウェーブのあるオスだった。お懐かしい!。我々を避けるでもなく、それどころか釧路港に向かっている。岸に近い。もうシャッターは切りまくり。するといきなり一頭がジャンプ!。その瞬間はピンぼけで画面の隅にしか写らなかったが、連射でなんとか最後の水没する前の写真を撮る事が出来た。
 しばらくするとウオッチング船がもう一隻。なんと、こちらも春にお世話になったはまなすだった。本当は、予約したときはまなすかと思ったけど・・・。しばし、二隻でオルカに群れと並走することとなる。

出航後、すぐに
オルカの群れに出会う
 午前中、オルカの群れを釧路を目指して?並走状態が続く。が、船に目一杯近づいてくる事も無し。子供だけが興味を示して一度近づいて来た。気がつくとすぐ向こうに釧路市外が見えてくる。街をバックに写真をとる。また、ブリーチか!、と思ったらちょいと頭を持ち上げただけだった。ガイドのSさん、船長としゃべっていて撮りそこねてしまい残念そう。これは、我慢していれば豪快なジャンプが見れるかも。期待が高まる。そこへ、こんどはミンククジラがオルカの群れ近くに出て来た。オルカが追いかけるかと思ったがなにごとも起こらずミンククジラは見えなくなった。
 もう2時間近く並走しているので、ここで、いったんオルカの群れから離れる。こちらもお昼の休憩となった。

午前中、オルカの群れと
釧路沖を並走

群れ近くに現れた
ミンククジラ
 休憩中も、遠くにオルカの背びれが見える。もう、午前中に十分見たのでゆっくり船を走らせる。天気も曇りとなり、写真には向いていない。しばらく、オルカとオつかず離れずでいると、突然、オルカがジャンプ!。なんとか、反応したが、ピントははずれ、フレームの橋にやっと捉えたのみ!。おしい。もう次はないかと待っていたが、小さなジャンプがもう一回!、これは反応できず見ただけで終わってしまった!。
 もう、十分見た事と夕方で曇り空、今日はこれにておしまい。しかし、最後の最後でオルカのジャンプを見れたのはラッキー以外のなにものでもない!。今年のホエールウオッチングの締めくくりとしては最高だ!。

突然、ジャンプ!
   
10月14日 釧路湿原ドライブ 四日目  
 今日は、移動日のためレンタカーを借りて半日だが釧路湿原のドライブ。ちょっと曇りで時たま小雨。右回りに回る。途中、やたら人慣れしたキタキツネやタンチョウを見かける。タンチョウはもっと探さないと見れないと思っていたが、なんのことはない、幹線道路沿いでもそこかしこにいる。これは新緑に時期にくれば緑と白がはえるだろう。湿原周りには、展望台もあるので運動不足解消も兼ね、できるだけ登ってみる。チャシ跡というのがあったが砦跡らしい。小山があるだけだが。展望台はそこそこの高さなので晴れていれば絶景だろう。午後、雲がたまに切れてくる。海岸沿いも少しドライブ。海は穏やかそうだ。今日もウオッチングで海に出ているのでオルカに出逢えているだろうか?。後できたらさっぱりだったようだ。やはり、昨日が最高の日だったとか。

 Sさんのおかげで今年のウオッチングの最後は有終の美で飾る事が出来た。心残りはオルカのジャンプ、初めて見れたが、写真にうまく撮れなかった事だ!。また来年、春と秋、2回はくる事になりそうだ!。

キタキツネなど
釧路湿原をドライブ

タンチョウヅルは
あちこちにいる




以上