Amazing Blue Earth
■異国の旅
■世界遺産
■海の旅人
■光の旅
■永遠のオードリー
■プロフィール
■LINK
■日本の旅
■空の旅人
■道草
■津軽三味線,始めました!
●2004年11月 アラスカ/グレイシャーベイ国立公園 : アメリカ
2003年7月 【地図】 【旅行日程】
 久々の海外パドリング。メキシコや沖縄では鯨接近に失敗なので期待大。今回はキャンプ用具自前のため荷物が多く、あげくにミレー登山ザックのベルトが壊れて急遽スーツケースで行くことに!。
 D100は大活躍でしたが、1G/512M/324M/128Mとほとんど使い果たした後でグレイシャー氷河観光に出かけ、予想に反してすばらしく途中で残りメモリがなくなり失敗撮影をささっと削除してなんとか間に合わせた。
 キャンプ地は地図右下の島のトップ辺りのアドルファスと呼ばれているところです。シーズン最中だとコマーシャルツアーがいい場所を占拠してしまうらしい。7月でしたがさほど込んでなくいい時期だと思います。
 また、アラスカの夏はよく虫が多いと言われますが、海岸沿いなので気になるほどいません。シアトルの空港でリバーガイド予定の人にかなり対策必要と言われましたが川は確かに必要なようです。実際、私はキャンプ中はほとんど日本製蚊取り線香をテント内で使ったくらい。グスタバスのB&Bで夜、外で残り物で 夕食作ってた時にさされたのがほとんどです。

7月7日
ジュノー
 いつもいろいろ現地まではトラブルがあるのだが、今回は順調にジュノーに到着。ジュノー空港の前の山の景色は最高。トレッキングしたいと思わせる山です。近くにも氷河があり観光ヘリも飛んでました。
景色は最高!

ゴンドラ駅より

民家前にはトーテムポール

宿泊の宿、
アパートみたい!
 さすがにアラスカ、夏だと白夜は長いです(22時でも明るい!)。少し近くの山のロープウエイ観光や、スーパーでの食料など買い出ししてもまだ明るい。なんとか無理に寝たが、やはり疲れていたのか一旦寝たら爆睡してました。

7月8日
グスタバス
 朝、シーカヤック/氷河観光の拠点となるグスタバスに向かう。小型機で移動するが山すれすれを飛ぶので下の風景もはっきり見える。まるでおとぎの国のようだ。

 天気は上々。到着後、カヤックレンタルのショップへ。といっても個人宅の庭と倉庫そのまま。一応、レクチャーを受ける。日本語の分かる人をわざわざ呼ん でくれて親切だ。とにかく晴天。現地の人もリピーター(昨年はさんざんだったらしい?)もこんなに天気が良くなるなんてと驚くくらいの晴天。


セスナで目的地へ

キャンプ場へボートで
 昼近く、桟橋からキャンプ地へ、これまた2回のピストン輸送。しばし桟橋で景色を眺めて待つ...アメリカ国鳥の白頭鷲が桟橋で悠然としていたり、アザラシがいたりで結構暇つぶしが出来た。遠くロッキーの山々もいい眺めだ!。

キャンプ地、ポイントアドルファスにて
 グスタバスの対岸にある島の先端部分の名前でホエールウオッチングには一番良い場所らしいです。今回はすでに先客がいて別の場所でキャンプしましたが、目の前を鯨やオルカが横切り運がよかっ

キャンプ地
 シーカヤッキングにて鯨を見るのは風が心配のため午前中のみ。何度かシーカヤックで近づきましたが手ぶれ補正はカヤックの揺れには向いてないようで失敗。陸から待ちました。昼間より夜白夜になってから向こう側で潮吹きや水面をたたく音が聞こえ始めます。

7月9日
キャンプ2日目  
 シーカヤックで鯨の通りそうなところで待つ。すぐ近くに何度かくる。しかし、揺れが...海上からの写真は今ひとつ。丘で鯨をまつことにした。白夜はたっぷりある。浜、森、小川、海峡と目を凝らして見逃さないように。
 日も落ち皆が寝静まった頃、未知との遭遇のような照明をまき散らして豪華客船まで通過していきました。やっぱりかなり深い海峡なんだ。

シーカヤックと散策
   
7月10日
キャンプ最終日  
 前夜のオルカの出現に続き朝からまたまたオルカが!。もう鯨はこの辺りから逃げているなとあきらめていましたが...。どうせならオルカばっかり現れてくれた方が・・・

陸から観察
   
7月11日
グレイシャー国立公園 氷河観光船  
 氷河観光はまあおまけ程度にしか考えてませんでしたが、エトピリカ(パフィン)は予想外の遭遇でびっくり、途中も鯨や熊など出てくると船はそちらに近づいてくれます。中にはシーカヤックツアー客もいて途中のピックアップポイントで昨日までの客と交代したり(右の写真)と丸一日コースですが飽きる事はないです。

シーカヤックエントリー

クルーズハイライト

あちこちに氷河

最深部の氷河
氷河には間近まで接近しますので迫力です。南米版よりこちらの方が見応えあると思います。
       
7月12日
グスタバスからジュンーへ      
 グスタバスの町は土産物屋1件でとてものんびり。町の人も車ですれ違ってもかならず挨拶してきます。自転車で十分回れる。北海道に近いですね。ジュノーは金曜日で18時着いたので店はとうにしまってて土産は買えませんでした。

 本命でなかった氷河がすごく良かったです。丸一日氷河観光クルーズとなりますが絶対お勧めです。鯨はやっぱり陸か安定したところから撮影しましょう!。間近に見るのならやっぱりシーカヤックですけど!。

再びセスナより

以上