Amazing Blue Earth
■異国の旅
■世界遺産
■海の旅人
■光の旅
■永遠のオードリー
■プロフィール
■LINK
■日本の旅
■空の旅人
■道草
■津軽三味線,始めました!
●1999年4月 マチュピチュ/ナスカ : ペルー
uyuni
1999年4月 【地図】【旅行日程】
 空中都市マチュピチュ、海外遺跡ならまずはここが一番行きたかったところ。最初は連休を避けツアーメイトを募って安く 行く、でした。某webで1名見つかり計画まで立てたのですが私の仕事の都合で行けなくなり、結局パッケージツアーに参加。ほんとうにごめんなさい。とに かく空中都市/ナスカに行きたかったんです。

リマ...
 途中マイアミで乗り換え。ひたすら長い。やっぱり南米は遠い。イースター島とパタゴニアだけは若いうちにいっとこうと決心。リマには深夜到着した。窓越しの夜景鑑賞もそこそこにシャワーを浴びて早朝出発に備えすぐにに寝た。

クスコ着
 リマ国内線でしばし待つ。やっぱり時間通り出発しない。1時間ほどして搭乗してフライト。クスコに近づくとかなり山近くを飛ぶのには少々びっくり。

 クスコ、最初のイメージは土色の町。観光のため建設に規制があるようで全体が統一されてます。
 
宿は白塗りなかなか洒落てました。
まずは、中でコカ茶をいただいて高所ならし
部屋も外と同じで城で統一されています。
窓の向こうは...なんと隣はレンジャー基地でした!、大丈夫かな?。


ピサック朝市
ピサック村
 最初の目的地、ピサックの朝市。町は小さく数時間もあれば回れます。町は観光客相手の土産物屋通りと地元の人の市場に分かれています。
 土産物屋通りでは、手焼きのパン屋があったので、買ってお菓子代わりにいただきました。うまかったです。ここではご当地の食用動物クイもあったようです。
 私は一通り両方見て回った後、地元の市場の方を歩き回ってました。
 原産のもろこしや香辛料など、その場で買って焼いて食べたかったです!。歩き回って いると民族衣装の女の子たちが、カメラを見つけると”テイク ア ピクチャー”と言って寄ってきます。ちょっと寂しい思いでした。楽器屋もありましたが、 最初から荷物になるのもいただったので見ただけで済ませました。アルパカなど衣装は結構安いです。お買い得ですが、かさばるのでちょっとはじめから買って しまうのは考えものです。

クスコ近郊の遺跡
 ピサックからクスコに戻る途中3つの遺跡に立ち寄りました。ケンコー遺跡とサクサイ ワマン遺跡はクスコのすぐそばで遺跡からクスコ市の全容が望めいいところです。クスコがヒョウの形に見えるかどうか?。市内に戻って、サントドミンゴ教会 (中にインカの跡がある、コリカンチャ:太陽の神殿の後だったとか)などを周り、大聖堂の後解散。しばし、一人でロレト通りなど回った。

タンボマチャイ遺跡

ケンコー遺跡

サクサイワマン遺跡

マチュピチュ遺跡

サンペドロ駅
 いよいよ本命です。アウトバゴンに乗ってマチュピチュへ出発。クスコ市のある盆地から出る時はスイッチバックで登る。アグアスカリエンテス駅までは数カ所で遺跡も見られます。ほとんど左側です。途中、またまたスイッチバックや落石などで一旦停止も。

ビンガムプレート

マチュピチュ入り口

いよいよ!
 ついにマチュピチュ。麓のアグアスカリエンテ(ほんとうはマチュピチュ移籍前のホテルにしたかったが満室で予約できず)で一泊して2日間。温泉や周りの遺跡、ワイナピチュ登山など...じっくり楽しみました。
 帰路、なんとガイドさん汽車の時間を間違えてしまった。アウトバゴンでなく通常の各駅停車で帰る事に!。遅くなったけどこれはこれでゆっくりなかなか良い思い出でした。クスコには予定外の真っ暗の中の到着でした。
         


クスコの夜
 遅くなったのでガイドさん、気を利かして日本食の店”金太郎”に連れて行ってくれました。そろそろ恋しくなったのも事実。お茶も有料とは驚きました。
  この後、深夜近くでしたが、市内を散策、アルマス広場と大聖堂など回り、少し裏通りに入る。まだ露天などもやってたのはびっくり。結構、観光客も歩いていたのでまあまあの治安なんだと思う。


ナスカ
 クスコを朝早く出発しリマ経由でナスカへ。ナスカの町は砂漠の中にあるが町そのものも砂色で遠目には分かりにくい。空港で遊覧飛行の時間までしばし待つ。

 途中の飛行機も小さかったが遊覧機も小さかった。左右のお客に見せるため旋回を繰り返すので酔い止めは必須。私もパラグライダーで飛んでいて自身があったが、自分で操縦していないとだめなようです。少し酔ってしまった。情けない。

遊覧機

小さな空港

ナスカの地上絵
 後で何か証明書を送ってきたんですが、よくよく見てみるとナスカフライトの証明書でした。まあ、記念にはいいかも。

リマ近郊観光
 ナスカの後は、近郊の博物館とオアシス。オアシスからいよいよ帰る時になって、同じ バスに乗った香港からのおばさんグループがまだ買い物中とのことでなかなか出発しない。どこの国も同じ?、それともアジア系だから?。同グループの人が何 時の飛行機なの?、時間余裕ある?、とこちらに気を使ってくれてました。

車にひかれるのろまな鳩とか

ちょっと立ち寄ったオアシス

オアシスいたバンの仲間
リマ市内観光
 リマでは博物館めぐりでしたが、ちょうどコロンビア大統領訪問があり人がいっぱいでした。食事は、 これと言ったものはないと思う(誰か教えて)。予約したレストランのすぐ裏が例の旧日本大使館だったので、ガイドが時間つぶしに車で周りを一周し、正門で 降りてみましたが銃痕が生々しかったです。警察の車も常に止まっておりあまりうろつかない方がいいようです。

 この後、黄金博物館/天野博物館など回る。黄金博物館は個人の趣味で集めたものであまり整理はされていません。日本の鎧とかも展示されてますが、黄金だ けって感じで個人的には好きになれません。天野博物館は地味ですが、日本人スタッフが新設丁寧に案内してくれます。


 今回は、チチカカ湖やボリビア方面には行けずでもう一度行くつもりです。できればボリビアからイースター島に回れるといいのですが...。リマはもう結構ですが、クスコ/マチュピチュは次回トレッキングで是非行きたいです。総じてお勧めです。

 私が行ったのはまだフジモリ元大統領が健在の時で比較的安全な時です。警察官は2種類あるようで、交通整理している方はあまり信用できないとか(給料が 安い)。観光地(マチュピチュにもいる)には観光警察(拳銃付き)がいてこちらは信用できそうです。ただ、今は分かりませんので行く前に現地情報を確認し たほうがいいでしょう。

以上